FC2ブログ
13
13 13
古川 日出男 (2002/01)
角川書店
この商品の詳細を見る

「ほんとうにおぼえていないの?」
五歳の自分が言った。
なにを? と問い返したつもりが、声は出ていなかった。
「あたしのこと、ほんとうにおぼえていないの?」
視線を手渡された日記に落とし、それから五歳の自分に戻す。すると、幼女は消えていた。
(『13』)

古川日出男さんのデビュー作です。面白かった! 2作目の「沈黙」(『沈黙/アビシニアン』角川書店)よりも『13』の方が好きです。読んでいる人間のイメージを圧倒的に支配し、導く文章がとても心地良いです。読みやすい。でも軽くない。
ひとりの少年が自分の驚異的な能力と感性を以て観た世界。小さな偶然が積み重なって起こる、まるで奇蹟のような現象。一番最後に、一度だけ起こる本当の奇蹟。これはそういうお話です。
スポンサーサイト



08/29 23:48 | よみもの | CM:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 ぺこ All Rights Reserved