FC2ブログ
a birth
勝本みつるさんの新作展へ行きました。ギリギリ最終日。

とてもとてもとても良かったです! 真っ白い函のギャラリーの中に真っ白い函のオブジェ。すっきりとした心地の良い空間でした。
白くペイントされた木函の中の、遠い日に写された少女たちと苔のような羊毛の毬藻や、食器を巻き込んで戸棚の中を這う白い羊毛の三つ編み。三つ編みは長く延びて、戸棚からはみ出し、観客を導いてするすると階段をのぼります。階段の頂上にはドールハウスに置くような小さな小さな戸棚があり、その中で少女がせっせと白い三つ編みを編んでいました。
三つ編みに導かれた2階には、手のひらで握ってしまえるほど小さな函が並び、その中では子供達が小さな小さな毬藻と戯れています。この函の愛らしさといったら! この函が机の中にひとつあったらどれだけ幸福なことでしょう。

勝本さんの作品は、ロマンティックだけど清浄でクールで、優しいのに甘やかではない。鑑賞者に何を強要するでもなく、しかし鑑賞者の思いはしっとりと受け止めてくれるのです。

帰り際、勝本さんの作品集『Childish ark』を購入しました。限定函入りがすでに売り切れていたのが残念ですが……。「洪水/匙」のミニカードもいただきました。さらに家に帰って本を開いてみたら、なんと勝本さんのサインが! 嬉しい!!
スポンサーサイト



06/17 23:03 | 鑑賞ごと | CM:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 ぺこ All Rights Reserved