FC2ブログ
鋼の錬金術師 シャンバラを征く者
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (通常版) 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (通常版)
荒川弘、 他 (2006/01/25)
アニプレックス
この商品の詳細を見る

ようやく観ましたよー。劇場に行くのはためらわれてレンタル待ちだったけど、近所のレンタル屋ではたいてい借りられてて……。ようやっとです。

なんかね、わかってた、監督と私相性悪いの。わかってたから観るまでふんぎりつかなかったのよね。正しい判断だったよ…!
兄さんとアルがどんなに好きでも心暖まらないこの映画。ふたりが同じ画面に映っていてもときめかなかったよー。

以下、ネタバレと愚痴です。



ひとつひとつあーだこーだ言ってたらキリがないんですが。
デリヒはあれ無駄死にとかいいません? エドが帰るために命かけたのに、肝心のエドが戻ってきちゃったらダメじゃーん! アルに会えたからいいのかな。それデリヒすげー不憫…。
そもそも史実にからめる意味はほとんどないですよね。監督、ナチスに対して何らかの考えがあったとは思えないんですけど。TVシリーズからずっと、やたらと戦争論を展開したがるけどどうもずれてる気がして仕方ない。結局意味がわからないし、推察しても賛同できないんです。だってあんだけ大騒ぎして出てきた結論が「世界と無関係でいることなんてできないんだ」だって!! ばかー! そのくらいのこと、あんなに話大きくしなきゃ言えないわけ!? 『プラネテス』読んで出直せ!
結局のところ、鋼はM監督にどうこうできる原作ではないということです。原作の面白さ、原作者の覚悟と戦争観には全然かなわないもの。自分のオリジナルでやれそしたら私は観ないから。
スポンサーサイト



12/21 23:23 | 映画 | CM:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 ぺこ All Rights Reserved